農業散布用ドローン「AGRAS MG-1」

農業用ドローン

DJI Agras MG-1は、液体の農薬、肥料および除草剤の様々な散布を高精度に適正な割合でおこなうために設計されたオクトコプターで、農業分野において効率性と管理等力がさらに向上します。折りたたみ式のMG-1は10kgの液体を搭載することが可能で、保護等級IP43レベルに適合しています。最新のDJI A3フライトコントローラーや飛行中の信頼性を高めるレーダー認識システムなど、DJIの最先端技術を搭載し、スマートかつ便利な農業ソリューションを提供。噴霧システムと流量センサーにより、高精度な噴霧を実現。自律散布システム*やDJI 農薬散布管理プラットフォームを使用することで、作業を計画したり、リアルタイムで飛行を管理するなど、機体ステータスを詳細に監視することができます。

※MG-1は10分のフライト時間の中で1ヘクタールに10リットルの農薬を散布することが可能です。

Agras MG-1の性能

レーダー認識機能

農業用ドローン高精度な3つのマイクロ波レーダーが、噴霧タンク前後の傾斜部と下部に配置されています。これらのレーダーが地形を認識することにより、機体は高度を確認することができます。3つのレーダーを搭載することで、より正確な高度情報を取得し、作物から一定の距離を保つことが可能です。

自律散布システム

本機能を使えば、効率的な飛行ルートを自動的に作成したり、編集したりすることが可能なので、作業の利便性が高まります。また、液体残量を自動で計算し、お知らせします。

作業効率を考えた送信機

送信機には、強い日光の下でも視認性が高く明るい5.5インチ / 1080pのディスプレイを採用。また、MGインテリジェント・オペレーション・プラニング・システム*1が内蔵されており、作業効率を上げることができます。送信機のバッテリーは、最大5時間の稼働時間を実現し、屋外での長時間の作業を可能にします。

DJI農薬散布管理プラットフォーム

総合的な噴霧管理プラットフォームを提供します。このプラットフォームを使用すると、機体全体の飛行状況を管理し、噴霧状況を熟知して、作業効率が向上するよう噴霧チームを管理することができます。また、農薬散布が必要なほ場 (農産物を育ている場所)を各作業者に割り当て、割り当てたほ場を確認することもできます。インテリジェント・オペレーション・プラニング・システムを作業者間で共有すると、作業者が繰り返し噴霧することが避けられ、噴霧作業の管理がより効率的かつ経済的になります。

※Agras MG-1を購入・使用するためには、農林水産航空協会の認定を受ける必要があります。

お気軽にお問い合わせください。0985-82-7006受付時間 9:00 - 17:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。

DPCA認定 ドローン フライトオペレーター講習

,h2>ドローンフライトオペレータースクール
近年ドローンの技術発展と認知度向上により、ドローンを趣味として楽しむ方や、ビジネスとして活用する方など、あらゆる場面で人気が出てきております。

DRONE CREWでは、DPCA(一般社団法人 ドローン撮影クリエイターズ協会)認定講習を通して、ドローン運用に必要な基本的な法律や知識、操縦技術をスクールで学べ、「国土交通省認定 操縦技能証明証」が2日間で取得できます!

ドローンに関することならお気軽にお問い合わせください。

(一社)地域再生・ドローン利活用推進協会(RUSEA)
宮崎第二支部