宮崎で国土交通省 認定 操縦技能証明証が取得できる!

DPCA認定 ドローンフライトオペレーター講習

2日間の講習を通してドローン運用に必要な基本的な法律や知識、操縦技術をスクールで学べます。

ドローンフライトオペレーター講習とは国土交通省より定められた「無人航空機の操縦技能に係る講習カリキュラム」を基準とし実施します。

ドローン フライトオペレーター講習を受講するということは 国土交通省が規定する基本的なドローンの操縦技能を習得するということです。

本講習における実技検定の合格者には10時間以上の飛行経歴を確認後、国土交通省 管理団体DPCAより国土交通省への飛行許可申請の際に簡略化できる「操縦技能証明証」を発行いたします。

ドローンフライトオペレータ 講習費用

ドローン操縦技能証明証
【受講費】
一般 65,000円 (税別)
●操縦技能証明証発行費込
●技能再検定試験は2回まで無料
●3回目以降10,000円 (税別)

【受講期間】
座学・実技含め2日間(特別講習の方は3日間)

※特別講習プラン 15,000円(税抜)

【特別講習内容】

●ケース1

修了検定合格者には10時間以上の飛行歴確認が必要となります。
実機でしかもインストラクター指導の下飛行歴をつむことができます。

●ケース2

ライセンスは持っているがいまいち自信がない方にインストラクターと
実技を行いながらコツを伝授します。(他スクールのライセンスでも受講可)

※定員10名まで。
※受講費用にはテキスト代・機体使用料・修了証発行・検定料・操縦技能証明証発行手数料を含みます。
※2回目までの再検定は無料とし、2回目までに合格できなければ3回目より再検定料は10,000円(税別)といたします。
※全国各地へ出張講習も承ります。(講師派遣にかかる交通費、宿泊費に関しては実費請求とさせていただきます)
※受講対象者は18歳以上の日本語の読解が可能な方
※実技修了検定は2日目に実施します。可能な限り事前の操縦練習を行うことをオススメします。

ドローンフライトオペレータースクール講習の流れ

お問い合わせ
まずはお問い合わせフォームまたは電話(0985-82-7006)にてご連絡ください。
HPもしくはお電話よりドローン フライトオペレーター講習お申し込み
担当者よりご連絡させていただき、講習のお申込みを行っていただきます。
受講申込書の提出・申込者へ受講案内
担当者よりご連絡させていただき、受講案内をさせていただきます。
受講料のお支払い
受講料をお支払いいただきます。
講習1日目 ドローン フライトオペレーター 座学カリキュラム
無人航空機 概論
法律・ルールについて
電波・バッテリーの取り扱いについて
安全運航について
座学試験
フライトシュミレーター等を使用した演習
講習2日目 ドローン フライトオペレーター 実技カリキュラム
整備点検・安全運用方法について
実技操縦訓練
実技検定試験
今後の練習方法について
※時期によって講習時間に変更があります。
※講習内容は変更する場合があります。
※講習内容はお申込み頂いた方に直接お伝えいたします。
講 習 実 績
京都府職員 / 京都府警察 / 神戸市/高知県土佐清水市 / 京都府 / 南丹市 / 国際協力機構(JICA) / 国立研究開発法人土木研究所 / 兵庫県職員 / 加古川消防本部 / 茨城県建設技術公社 / 相楽中部消防本部 / 近畿技術整備局 / 阪神高速技術株式会社 / 関西電力株式会社 / 中部電力株会社 / ダイキン工業株式会社 / パソナ・パナソニック株式会社 / 積水ハウス株式会社 / 京都大学 / その他企業多数実績
※2018年8月31日時点 修了者3,120名

ライフクリエイト宮崎株式会社は、(一社)地域再生・ドローン利活用推進協会(RUSEA)の宮崎支部として活動し、RUSEAは信頼と実績のあるDPCA DRONEフライトオペレーター講習を採用しています。

※DPCA DRONEフライトオペレーター講習は国土交通省 航空局より2017年6月1日付けで所要の要件を満たした「無人航空機の操縦技能講習を行う民間団体を講習団体として認定され、2017年10月1日付けで管理団体として認定された(一社)ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)が作成したカリキュラムの講習です。国土交通省 航空局のHPにも掲載されています。

ドローンフライトオペレーター講習お申込み

お気軽にお問い合わせください。0985-82-7006受付時間 9:00 - 17:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。