ドローンの飛行情報、誰でも閲覧可に 衝突事故防ぐ狙い

国が飛行を許可したすべてのドローンの運航情報を、第三者がネットで見られるようになることが分かった。

1年後に迫った東京五輪・パラリンピックを前に、情報を広く共有してドローン同士の衝突やヘリコプターなどとの事故を防ぐ目的がある。

国土交通省は航空法に基づく通達を改正し、7月中に施行する。それ以降、国の許可が必要な空域でドローンを飛ばす人は事前に情報を

サイトに登録することが義務づけられる。

公開されるのは、飛行する日時や場所、高度といった情報。ドローン運航者向けの国交省のサイト「飛行情報共有システム」(https://www.fiss.mlit.go.jp/)に

登録すると、地図上に情報が示される。

国の許可が必要ない空域で飛ばす際の情報も入力できる。運航者でなくても、利用登録すれば誰でも情報を閲覧できる

記事の詳細は以下URLを参照してください。

https://www.asahi.com/sp/articles/ASM745V3TM74UTIL03K.html?ref=amp_login&_gl=1*5694e4*_ga*YW1wLWl4Wng1OVJKclpYcG9VWjFCZFIyOFZab2c4aUpKaG1nSjdPd2l3MmtMMUIwcGJpSTIzOVJqUzFPdS1yaFJSNGI.

 

ライフクリエイト宮崎株式会社の最新情報をお届けします

DPCA認定 ドローン フライトオペレーター講習

,h2>ドローンフライトオペレータースクール
近年ドローンの技術発展と認知度向上により、ドローンを趣味として楽しむ方や、ビジネスとして活用する方など、あらゆる場面で人気が出てきております。

DRONE CREWでは、DPCA(一般社団法人 ドローン撮影クリエイターズ協会)認定講習を通して、ドローン運用に必要な基本的な法律や知識、操縦技術をスクールで学べ、「国土交通省認定 操縦技能証明証」が2日間で取得できます!

ドローンに関することならお気軽にお問い合わせください。

(一社)地域再生・ドローン利活用推進協会(RUSEA)
宮崎支部