災害時の活用促進-総務省消防庁 ドローン指導者を育成

【 NEWS 】
ドローン指導者を育成
=災害時の活用促進-総務省消防庁
━━━━━━━━━━━━━━━━
総務省消防庁は、災害現場でドローンの活用を後押しするため、操縦に精通した消防隊員を育成する。
2019年度後半から全国の消防隊員を対象に研修を始め、
参加者を「ドローン運用アドバイザー」に認定。
23年度までに計135人を育成し、ドローンを導入していない消防本部に講師役として派遣する。

ドローンは、消防隊員やヘリコプターが近づけない現場での活用が期待されている。大規模な火災の場合、熱画像カメラを搭載して飛ばせば、火元の特定や被害状況の把握につながる。土砂崩れの現場では、行方不明者の捜索にも役立つ。
(出典元:時事通信社)

ライフクリエイト宮崎株式会社の最新情報をお届けします

DPCA認定 ドローン フライトオペレーター講習

,h2>ドローンフライトオペレータースクール
近年ドローンの技術発展と認知度向上により、ドローンを趣味として楽しむ方や、ビジネスとして活用する方など、あらゆる場面で人気が出てきております。

DRONE CREWでは、DPCA(一般社団法人 ドローン撮影クリエイターズ協会)認定講習を通して、ドローン運用に必要な基本的な法律や知識、操縦技術をスクールで学べ、「国土交通省認定 操縦技能証明証」が2日間で取得できます!

ドローンに関することならお気軽にお問い合わせください。

(一社)地域再生・ドローン利活用推進協会(RUSEA)
宮崎支部