飛行情報共有システムへの入力について

国土交通省 航空局より無人航空機の飛行に係る
飛行情報共有システムへの入力について

令和元年7月 26 日付けでの「無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領」の
改正施行に伴い現在飛行情報共有システムへの入力が必要となっております。
その件について管理団体宛に再度周知徹底するようお願いがありましたのでここに掲載いたします。

ドローンユーザーの方々はご一読の上対応をお願いいたします。

==================

無人航空機の飛行に係る飛行情報共有システムへの入力について
有人航空機や無人航空機同士の衝突防止を図るため、
航空局では平成 31 年 4 月より飛行情報共有システムの運用を
開始したところですが、
近年、無人航空機の利活用が大幅に増加しており、
より多くの飛行情報を共有し更なる飛行の安全性を向上させるため、令和元年7月 26 日付けで、「無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領」を改正し、
本改正の施行後に航空法に基づく許可・承認を受けて飛行を行う場合には、飛行前に飛行経路に係る他の無人航空機の飛行予定の情報等を飛行情報共有システムで確認するとともに、本システムに飛行予定の情報を入力することを求めているところです。

無人航空機を飛行させる者にあっては、最新の「無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領」を再度確認するとともに、許可・承認を受けて飛行を行う場合には、飛行前に本システムに飛行予定の情報を入力することを徹底するようお願いします。

https://www.fiss.mlit.go.jp/public/api/operationsManualPDF

飛行予定の情報入力はこちらから
https://www.fiss.mlit.go.jp/top

ライフクリエイト宮崎株式会社の最新情報をお届けします

DPCA認定 ドローン フライトオペレーター講習

,h2>ドローンフライトオペレータースクール
近年ドローンの技術発展と認知度向上により、ドローンを趣味として楽しむ方や、ビジネスとして活用する方など、あらゆる場面で人気が出てきております。

DRONE CREWでは、DPCA(一般社団法人 ドローン撮影クリエイターズ協会)認定講習を通して、ドローン運用に必要な基本的な法律や知識、操縦技術をスクールで学べ、「国土交通省認定 操縦技能証明証」が2日間で取得できます!

ドローンに関することならお気軽にお問い合わせください。

(一社)地域再生・ドローン利活用推進協会(RUSEA)
宮崎支部