台風19号の被害状況調査におけるドローンの活用

東日本と東北地方を中心に、甚大な被害をもたらした台風19号(ハギビス)。
国土交通省では、都幾川の堤防決壊による浸水被害でダメージを受けた埼玉県
東松山市にて、ドローンを使った被害状況の調査を行なった。
有人航空機よりも安価で軽量、小型なうえに操作も容易であるという特性を持つ
ドローン。今回の台風19号だけでなく、さまざまな災害で被害状況の調査に活用
されている。

【動画あり】台風19号の被害状況調査におけるドローンの活用

 

ライフクリエイト宮崎株式会社の最新情報をお届けします

DPCA認定 ドローン フライトオペレーター講習

,h2>ドローンフライトオペレータースクール
近年ドローンの技術発展と認知度向上により、ドローンを趣味として楽しむ方や、ビジネスとして活用する方など、あらゆる場面で人気が出てきております。

DRONE CREWでは、DPCA(一般社団法人 ドローン撮影クリエイターズ協会)認定講習を通して、ドローン運用に必要な基本的な法律や知識、操縦技術をスクールで学べ、「国土交通省認定 操縦技能証明証」が2日間で取得できます!

ドローンに関することならお気軽にお問い合わせください。

(一社)地域再生・ドローン利活用推進協会(RUSEA)
宮崎第二支部